住宅ローンを返済中でも不動産担保ローンは利用できる?

住宅ローンを組んでいる途中にお金が必要なった場合、不動産担保ローンを組むことができるか問題になります。そもそも、住宅自体はすでに住宅ローンを組んでいるため抵当権が設定されている状態です。その住宅を担保に不動産担保ローンを組めるかといった複雑な問題ですが、結論から言えば住宅ローンを組んで抵当権が付いている不動産に対しても、一定の条件を満たすことで不動産担保ローンの担保にすることが可能です。この場合の条件は、住宅ローンの担保に余力がある場合に限り、その余力の分だけ不動産担保ローンを組むことができることになります。例えば、不動産の価値が5000万円で、住宅ローンの残額が2000万円だった場合、3000万円分は抵当権が付いていないのと同じになります。そこで、その3000万円の範囲に限り不動産担保ローンを組むことができることになります。
この場合、抵当権の順位の一番は住宅ローンで、不動産担保ローンの順位は二番になります。もし、債務者が借りたお金を返済できなくなった場合は、抵当権が付いている不動産を売却することになりますが、売却したお金を一番最初にもらえるのが住宅ローンの債権者です。
不動産担保ローンを組むことができない場合もあります。それは、第一の順位の担保権でないと利用できない不動産担保ローンの場合です。また、抵当権を付ける不動産に根抵当が付いている場合も、ローンを組むことができなくなります。